お店でもネットでも使える WebMoney Card

“国内のコンビニやスーパー、百貨店でも、海外でも、ネットでも使えて、クレジットカードと同じくらいの還元率のプリペイドカードがあったらいいな。そんな都合のいいカードが『WebMoney Card』です。

 

『WebMoney Card』とは?

WebMoneyを国内・国外・ネットのMasterCardのマークがあるお店で使えるCardです。

“WebMoney”はご存知でしょうか?株式会社ウェブマネーが発行するネット専用電子マネーです。1ポイントを1円で購入し、ポイントで買い物をします。

 WebMoney Cardは、WebMoneyポイントをチャージして使うMasterCardです。支払い時はWebMoneyとして使うことも、MasterCardとして使うこともできます。

 

なぜわざわざWebMoneyをカードにチャージするのか?

 WebMoneyはネット専用ですから、そのままではお店では使えません。そこでMasterCardプリペイドカードにチャージし、MasterCardの決済システムで支払いができるようにしたのです。

 ※『WebMoney Card』と『WebMoneyカード』の違い

 ネットで“WebMoney カード”で検索すると、『WebMoney Card』と『WebMoneyカード』が出てきます。同じものと勘違いしてしまいそうですが、別のものなんです。

  • 『WebMoneyカード』・・・コンビニなどで売っている使いきり式のネット専用電子マネーのカードです。“WebMoneyギフトカード”とも言います。セブンイレブン・ゲオ・イトーヨーカドー・PCデポ・HMVで購入できます。
  • 『WebMoney Card』・・・WebMoneyカードでチャージすることもできるMasterCardブランドのチャージ式プリペイドカードです。

 WebMoney Cardの長所

 『WebMoney Card』はMaster Cardが使えるお店で使える。つまり、使える店舗が多い!

 コンビニ・スーパー・百貨店・ファミリーレストランと、クレジットカードが使えるところではほとんど使えます。

 世界中どこへ行くにも、『WebMoney Card』1枚あれば安心です。しかしプリペイドカードでは支払えないこともありますので念のためクレジットカードを1枚に持っていくことをおすすめします。

 店舗で使えるだけじゃない、WebMoneyが使えないネットショップでも使える。

 利用したいネットショップがWebMoney公式サイトに載っていなくても、WebMoneyがネットショップの決済方法の中になくても大丈夫。MasterCardのマークがあればほぼ使えます。

 app storeやGoolePlayでも使えます。

 

公式アプリを使えば、たとえば『WebMoney Card』とWebMoneyの支払い累計が年間99万円だと2.01%の19899円分が戻ってくる

 公式アプリ『WebMoneyカードケース』を使うことによりWebMoneyを使えば使うほど還元率が高くなります。

 『WebMoneyカードケース』はapp store、Google Playから無料でダウンロードできます。

 

支払い累計ポイント 還元ポイント 累計還元ポイント
11万POINT 121POINT(0.11%) 121POINT(0.11%)
33万POINT 1,089POINT(0.33%) 1,210POINT(0.36%)
55万POINT 3,025POINT(0.55%) 4,235POINT(0.77%)
77万POINT 5,929POINT(0.77%) 10,164POINT(1.32%)
99万POINT 9,801POINT(0.99%) 19,965POINT(2.01%)

 

年間99万ポイントは年間11万ポイントでの還元率の18.5倍になります。

 チャージする方法が多い

 以下のチャージ方法があります。今現在では“WebMoneyプリペイド番号”“auショップ”“クレジットカード”でもチャージが可能です。これにプラス7月からネットバンクでのチャージが可能になります。

 

  • WebMoneyプリペイド番号…コンビニなどで購入したWebMoneyカード(WebMoneyギフトカード)の番号を入力してチャージできます。
  • WebMoneyプリペイド番号+WebMoneyカードケース(アプリ)+スマホカメラ・・・アプリを立ち上げてバーコードを読ませるか、カメラの文字認識機能を使ってチャージできます
  • auショップ auショップの窓口でチャージできます。
  • クレジットカード…MasterCard・クレディセゾン、UCカードが発行したVISAカードでチャージできます。
  • ネットバンク…2014年7月頃開始予定です。

 

有効期限が5年間と長い。

 1年しか有効期限がないプリペイドカードもあるのですが、Webmoney Cardの有効期限は5年間と長い。使おうと思ったら有効期限が過ぎていた!なんてことも減りますね。

 どうしても有効期限が気になる方は、Webmoneyが使えるところではWebMoneyを使い、WebMoneyが使えないときにWebmoneyカードを必要なだけチャージして使うとよいでしょう。

 ※WebMoney自体は電子マネーなので有効期限がありません。

 

プリペイド限度額は10万円

 10万円あれば、そこそこの家電が買えますし、パソコンだって買えますね。

 

カードの種類は2種類

 “WebMoney Card”と“WebMoney Card Lite”の2種類のカードが出ています。

 本来ならWebmoney Cardは650円、WebMoney Card Liteは100円の手数料がかかりますが、今はキャンペーン中なのでWebMoney Card”と“WebMoney Card Lite”のどちらも手数料ゼロです

 

WebMoney Card”と“WebMoney Card Lite”の違い

 

カード名称 WebMoney Card WebMoney Card Lite
申込条件 誰でも申し込める 誰でも申し込める
年会費 無料 無料
本人確認 あり なし
発送手数料 650円但し、現在キャンペーン中につき無 料(終了時期不明) 100円但し、現在キャンペーン中につき無 料(終了時期不明)
カード有効期限 5年 5年
カード更新 できる できない
チャージ上限額 100,000POINT(10万円相当) 100,000POINT(10万円相当)
WebMoney利用上限 残高の範囲内 残高の範囲内
MasterCard利用上限 残高の範囲内 3万円/日 5万円/月
チャージ方法 WebMoneyプリペイド番号WebMoneyカードケースauショップクレジットカード

ネットバンク

WebMoneyプリペイド番号WebMoneyカードケースauショップクレジットカード(アプリに本人確認済みカードの登録が必要)

 

アプリを家計簿代わりにつかって家計管理が出来る

 WebMoney公式アプリ「Webmoneyカードケース」を使って出入金の管理ができます。家計簿がいらなくなるかも?

 

色んなところで使えるからカードの枚数が減らせるカードでぱんぱんだったお財布がすっきりスリムになる。

スッキリ暮らしたい思いとはうらはらに、ポイントカードやクレジットカードや電子マネーでパンパンの主婦のお財布。どこに何が入っているのかわからないお財布にため息が出る毎日。

 でも、WebMoney Cardさえあればすっきりできます。

 いろいろなところでお買い物ができポイントも沢山たまるので持ち歩くクレジットカードの電子マネーが減ります。お財布の中がスッキリし、レジでカードを探してモタモタすることもなくなります。

 お財布を小さいものに替えられ、お財布が小さくなればバッグも小さいものに替えられます。

 バッグが小さく軽くなれば身軽にアクティブになれますね。これって実は一番の重要なメリットじゃないか?とふと気がつき嬉しくなってしまいました。身軽になればスリムになれるかもしれないですし。

 

WebMoney Cardの短所

 10万円以上の買い物は出来ない

 WebMoney Cardは10万円分の10万ポイントしかチャージ出来ません。WebMoney Cardはカード残高の分しか使えないので10万円以下の支払いでしか使えません。

 

月額・継続契約の利用料金の支払いはできない

他のプリペイドカード同様、以下のサービスの支払いは出来ません。

 

  • 公共料金
  • 電話料金
  • 衛星放送・CATV視聴料
  • インターネットプロバイダー利用料
  • WiMAXサービス利用料
  • 新聞購読料(電子版含む)
  • 保険料
  • レンタルサーバー
  • 定額サービス
  • 通信教育
  • 各種月会費など

 

他のプリペイドカードと同様、制約はあります。が、ポイントがよくたまりチャージも楽なので、プリペイドカードの中ではかなり使いやすいカードですね。

『WebMoney Card』公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る