楽天ポイントがもらえる楽天バーチャルプリペイドカード

楽天カードを使っている方でも『楽天バーチャルプリペイドカード』を知らない方って結構いらっしゃるのでは?

実はわたしがそうなんです。数年間、楽天カードを愛用しているのに、先週の今日はまだ『楽天バーチャルプリペイドカード』を知りませんでした。

買って使ってみたら、思っていたより使いやすいですよ。

『楽天バーチャルプリペイドカード』とは?

ネット上でのみ使えるプリペイド(前払い式)のカードのひとつです。

どうすれば買える?

楽天カード・楽天ブラックカード、楽天プレミアムカード、FCバルセロナオフィシャル楽天カード、楽天銀行カード、楽天カード アカデミーをお持ちの方で楽天e-NAVI会員の方が購入できます。

これらのカードをお持ちの方以外は購入できません。

『楽天バーチャルプリペイドカード』のここが素敵♪

クレジットカードの情報を出さずにすむ
クレジットカードで楽天バーチャルカードを購入し、楽天バーチャルカードのカード番号で支払いをするので、
“ネットでクレジットカードの番号を入力するのが怖い”
と言う方も、『楽天バーチャルプリペイドカード』を買って支払えばクレジットカードの情報を入力せずに済みます。

審査がいらない

楽天カードを持っていて楽天e-naviに登録していれば、審査なしで購入できます。

購入手数料が無料

他のバーチャルプリペイドカードを購入すると購入手数料がかかることがありますが、『楽天バーチャルプリペイドカード』は手数料が無料です。

購入時に楽天ポイントがもらえる。

『楽天バーチャルプリペイドカード』を購入した時に楽天ポイントがもらえます。通常は楽天カードと同じ1%ですが、キャンペーンの時をねらって購入すればポイントが多くもらえます。

私はポイント3倍のときに申し込んで3%のポイントをもらいました。

※キャンペーンの時以外にもらえるポイントは楽天カードと同じ1%です。
※楽天のキャンペーンはエントリーが必要です。必ずエントリーのバナーを押してからカードを購入してください。
※ポイントがもらえるのは『楽天バーチャルプリペイドカード』購入時のみ。使用したときはポイントが付きません。

本人以外でも使える

クレジットカードの場合は利用は本人のみという規約がありますが、バーチャルプリペイドカードは?

カスタマーセンターに問い合わせてみたところ、
「特に利用者の制限はありません。どなたでも」
だそうです。

たとえばこんな使いかた。

配偶者の方やお子様のネットショッピング用に。
ギフト用に、ちょっとしたお礼に、カタログギフトや商品券のように贈る。

家族にもたせれば家族のカード利用の管理がしやすい

購入した金額までしか使えないので家族が勝手にカードを使って沢山買い物をしてしまう心配がありません。

利用お知らせメールが届くので、いつ、どこのサイトで、いくら使ったのかもこまかく把握できます。

利用する方ごとに本人認証番号の設定してあなたがカードの利用を許可した人以外に使われないようにも出来るのも便利です


利用お知らせメールが届く

楽天カードの魅力のひとつはカードを利用すると利用お知らせメールが届くこと。データ流出によるカードの不正利用や家族が勝手にカードを使ってしまった時などすぐにわかりますから、
「不正利用されたらどうしよう」
という不安から解消されますから、精神衛生上とてもよいですね。

でもさすがにプリペイド式の『楽天バーチャルプリペイドカード』にはお知らせメールがないだろうと思っていたら、お知らせメールちゃんと届きました!感動しました!

タイトルは“楽天バーチャルプリペイドカード利用お知らせメール”です。

これでダブルで安心です。

万が一のときは管理画面で簡単に利用の一時停止・カード番号・名義の変更ができる
クレジットカードのカスタマーセンターっていつも混んでいてなかなかつながらないことが多いですよね。

『楽天バーチャルプリペイドカード』なら、楽天カードのカスタマーセンターへ電話しなくても、楽天e-naviの管理画面で変更が出来ます。

利用の一時停止・カード番号・名義の変更が何度でもできる

万が一のことがあっても、利用の一時停止・カード番号・名義の変更が何度でもできます。

※カードの一時停止は何度でもできますが、カードの利用期限は延長になりません。

25種類以上のカードデザイン

バーチャルなので実際にカードを手に取ることはできないのですが、管理画面上でカードのデザインが楽しめます。

楽天のサイトには25種類以上と書いてありますが、2014年5月現在26種類のカードデザインがあります。シンプルで綺麗な色から動物の愛らしい写真まであります。これからもっと増えるかも?

『楽天バーチャルプリペイドカード』のここが残念

有効期限が1年しかない。

『楽天バーチャルプリペイドカード』は購入した月の1年後の末日で無効になってしまいます。払い戻しもできませんので、かならず1年で使いきれる金額だけを買いましょう。

支払いは一括払いのみ。

これは使いすぎを防ぐ上では長所でもあるのですが、分割払いも、もちろんリボ払いもできません。

利用できない支払いもあり。

ネット上でMasterCardが使えるところなら大抵使えます。例外は以下のとおりです。

ちけっとぴあやローソンチケットなどでのチケット受け取り、ホテルでの宿泊予約など、後からカード提示が必要な支払いには使えません。
公共料金や月謝、家賃などの定期的な月々の引き落としには使えません。
その他の理由で一部のMasterCard加盟店では使えないこともあります。

※実は定期購入でも使える?

頒布会などの定期購入でも残高があれば使えるようです。カード番号を入れた後“このカードはお取扱いできません”と出て使えない、なんてことはありません。カードの残高があれば使えます。

ただし、プリペイドのカード残高が無くなれば引き落としができませんので、残高が次の引き落とし金額よりも少なくなったら、すぐに引き落としのカードを変更する必要があります。

リアル店舗では使えません。

プラスチックカードが発行されるわけではないので、近所のスーパーやデパート、コンビニでは使えません。

高額の買い物はできません。

1回で購入できるのは3万円まで。ということは、ひとつのカード番号で3万円+前に使っていたカードの残高合算分だけ。残念ながらあまり大きな買い物はできません。

『楽天バーチャルプリペイドカード』の購入方法

楽天系のカードをお持ちで無い方はまずカードを作る必要があります。
上にも書きましたが、

・楽天カード
・楽天プレミアムカード
・FCバルセロナオフィシャル楽天カード
・楽天銀行カード
・楽天カード アカデミー

のどれかをつくります。カードが届いたら楽天e-NAVIに会員登録をしてください。

購入手順は以下のとおりです。

1.楽天e-NAVIにログイン
2.右サイドバーの『楽天バーチャルプリペイドカード』カードの購入へ
3.カードデザインを選択
4.購入金額選択
5.カードに名前を付ける(自分が分かりやすい名前。ファッション用・CD購入用など。家族用の場合は家族の名前をつけてもOK)
6.楽天カードのセキュリティコードを記入し確認ボタンを押す

これだけで購入できます。

購入できるのは1回で3万円、1日10万円までです。
使用期限は1年ですので、1年以内に使いきれる金額を買いましょう。

使ってみた!使えた!

マスターカードが使えるネットでの支払いには使えるはず。ですが、確かめてみないと不安なので使ってみました。

以下のサイトで実際に使ってみたら使えました。

・amazon
・A-PRICE
・子育て応援きっぷ
・モラタメ
・アテニアオンラインショップ
・ウーマシャンプー
・グッドネススーパーフーズ
・ウェルネスダイニング

“決済方法にVisaデビッドカードはあるけどMasterCardのプリペイドカードがない!”と心配になりましたが、ちゃんと使えました!MasterCardのマークがあればほぼ大丈夫なようです。

これからは、欲しい商品はあるけどこのサイトはちょっと心配?って時にも使っていこうと考えています。
ネットショッピングがより楽しくなりそうです。予算の管理にも便利ですよね。

楽天バーチャルプリペイドカードの利用明細に買い物が反映される前に次のカードに合算してしまったら?

使いきり式の楽天バーチャルカードは残額が少なくなったら次に購入するカードに残額を合算することができます。合算されると元のカードの残高はゼロになります。チャージ式のプリペイドカードとは違い、カード残高がゼロになればカード番号も無効になります。

では、

利用明細にお買い物が反映される前に新しいカードを買い足したら?カードが無効になって引き落としが出来なくなるのでは?

これが、大丈夫だそうです。

実は今日、新しい楽天バーチャルプリペイドカードを購入して古いカードの残額を新しいカードに合算し、古いカードの残高をゼロにしたのです。

残高をゼロにしてから古いカードの利用明細を見たら、明細に反映されていない買い物があることに気が付きました。

“どうしよう、前の番号のカードは残高ゼロなのに。後から請求が来たら引き落としができないんでは?”
と不安になり、あわてて楽天カードのお問い合わせ窓口に問い合わせてみたところ、
「買い物が利用明細に反映される前に新しいカードを購入し古いカードの残高を合算した場合でも、合算したカードから引き落とされます。」

との事でした。ほっと一安心です。

これで、ネットだけではなくコンビニやスーパーやカフェなどで利用できれば家族の家計管理ができる最高のカードなのですが、そうなるとバーチャルではなくなってしまいますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る