プリペイドカードとは?デビットカードとどう違う?

「プリペイドカード」とは、現金の代わりに利用できるカードのことを言います。テレホンカードや図書カードと一緒で、カードを購入するときにお金を払います。払った金額分のお金がカードに入っていますので、0円になるまで使うことができます。クレジットカードと違い審査もなく、口座が無くても作れるので、クレジットカードを作れない方でも気軽に持つことができます。類似品で「デビットカード」というものもあります。ではプリペイドカードとデビットカードの違いは一体なんでしょうか?

簡単に言うと、プリペイドカードに比べてデビットカードのほうが、よりクレジットカードに近い仕組みで構成されています。プリペイドと違い、デビットカードはカードを使う前にお金を払うわけではありません。カードを利用すると、即座に利用者の口座からその分のお金が引き落とされる仕組みになっています。つまり、デビットカードは基本的に口座の開設が必須です。デビットカードは使ったときに口座から貯金の残高が減ります。つまりプリペイドは「前払い」、デビットは「後払い」という違いになります。

なおプリペイドカードは事前にカードを購入して使用するものなので、口座がなくても問題ありません。なので、知り合いや友人へのプレゼントとしてプリペイドカードを渡すこともできます。非常に自由度が高く、また利便性にも長けたカードです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る