カテゴリー
プリペイドカード

海外でのスキミングや不正利用防止にプリペイドカードはいかが?

 海外旅行や海外出張にお出かけになるとき、現地でのクレジットカードの利用に不安を抱かれたことはありませんか。信頼のおけそうな美術館や有名ブランドショップ、雑誌掲載のレストラン等であっても目の前からクレジットカードを奥に持っていかれてしまうのはあまり心地の良いものではありません。海外では街中の小さな屋台のようなお店でもクレジットカードを利用できるところも多くなっていますので、日本よりもクレジットカードの利用については進んでいると言えます。しかし、クレジットカード利用が進んでいる分、国よってはクレジットカードのスキミング技術も日本よりも進んでいる場合がありますし、スリなどによってクレジットカードやお財布の盗難に合う場合もあります。

 日本国内でいつもご利用になっているクレジットカードが使えなくなってしまうことを避けていただくためにも、旅行先ではいつもとは異なる利用限度額を低めに設定したクレジットカードや利用額を事前チャージで限定していただくことができるプリペイドカードをおすすめいたします。

 海外でご利用いただくことができるプリペイドカードには、日本国内でも海外でもご利用いただくことができるものから、海外のみでしかご利用いただくことができないもの、国内外のネットショップでしかご利用いただくことができないものなどさまざまなプリペイドカードが用意されています。

 プリペイドカードの中には、クレジットカードの追加カードとして用意されているものもあります。例えば、マルイなどのショップをよくご利用になる方にはおなじみのエポスカード、コマーシャルでもよく見かける三井住友VISAカードやオリコカードといったクレジットカードには提携プリペイドカードがあります。提携プリペイドカードをご利用いただくことで、クレジットカードで貯めたポイントをプリペイドカードにチャージしてご利用いただくことができたり、提携クレジットカードからのチャージの場合、チャージ手数料が無料になるなどといったメリットがあります。

 例えば、エポスカードの提携プリペイドカード、エポスVISAプリペイドカードは、エポスカードからチャージをしていただくことが可能です。チャージはインターネット上のエポスNetで会員ページにログイン後、エポスカードを利用してチャージしていただくこともできますし、残高が少なくなった時に自動でチャージするオートチャージをご利用いただくこともできます。また、貯まっているエポスポイントを1ポイント1円換算でプリペイドカードにチャージしていただくことも可能です。チャージによるポイントはエポスカードに加算されませんが、エポスVISAプリペイドカードのご利用金額の0.5%(200円につき1円ほど)のキャッシュバックを受けることができます。

海外でご利用の際にはVISA規定の為替レートに国外取引による事務処理等手数料1.63%が加算されます。チャージはエポスカード利用限度額の範囲内で1000円以上1000円単位で、カード残高上限額は100000円となります。

エポスVISAプリペイドカードを紛失してしまわれたり、盗難にあってしまわれた場合、残高の補償を受けていただくことはできません。また、1度紛失の届出をだされたプリペイドカードの再利用はできませんので、お気を付けいただきたいと思います。エポスVISAプリペイドカードの場合、モバイル端末からでも利用の停止・再開の設定をしていただくことができますので、不正利用のリスクを減らしていただくことができます。エポスVISAプリペイドカードはエポスカードをお持ちの方であればどなたでもお申込みいただくことができます。インターネット上からのお申し込みからカードがお手元に届くまで1~2週間ほどかかりますので、時間には十分余裕をもってお申込みいただくことをおすすめいたします。

 三井住友VISAカードの提携プリペイドカード、三井住友VISAプリペイドは、三井住友VISAカードからチャージをしていただくことができます。インターネット上のマイページ(会員ページ)から1回3000円から29000円までの範囲、1円単位でクレジットカードもしくはインターネットバンキング払いでチャージをしていただくことが可能です。三井住友カード等提携クレジットカード(VJA・オムニカード協会加盟各社発行のVISAおよびMasterCard)からのチャージは無料ですが、それ以外のクレジットカード(上記以外のVISAおよびMasterCard)やインターネットバンキングからチャージをされる場合手数料200円(税込み)が必要となりますので、お気を付けいただきたいと思います。チャージによるポイントは三井住友VISAカードには加算されませんが、三井住友VISAカードのご利用で貯まるポイントをプリペイドカードの方に1ポイント5円換算でチャージしてお使いいただくことが可能です。また、三井住友VISAプリペイドのご利用額2000円ごとに1ポイントのポイントをもらうこともできます。

 海外でご利用の場合、海外取引関係事務処理費として利用額の3.0%が加算されます。カード上限額は50000円となります。
三井住友VISAプリペイドを紛失してしまわれたり、盗難にあってしまわれた場合、残高の補償を受けていただくことはできません。マイページからご利用の停止・再開のお手続きをしていただくことができますので、ご利用に合わせてお手続きいただくことをおすすめいたします。三井住友VISAプリペイドは満18歳以上の方であればどなたでもお申込みいただくことができますが、お届け先は日本国内のみとなります。カードがお手元に届くまでお申し込みから1週間から10日ほどとなります。

 オリコカードの提携プリペイドカード、オリコプリペイドカードもオリコカードからチャージをしていただくことができます。インターネット上のオリコMyプリカ(会員ページ・初回はeオリコサービスにてカード登録が必要)からクレジットカード、インターネットバンキングを利用してチャージをしたり、会員ページからコンビニエスストア払いもしくは銀行振り込み払いのチャージ選択をしていただくこともできます。オリコカードでチャージされましても、チャージ分はオリコカードのポイント加算対象外となりますが、オリコカード(クレジット)で貯まったオリコポイントは500ポイントから1ポイント1円換算でオリコプリペイドカードにチャージしていただくことができます。オリコカードからのチャージもしくはオリコポイントからのチャージの場合、チャージ手数料が無料となりますが、それ以外のチャージの場合、手数料200円(税込み)が必要です。また、オリコプリペイドカードをご利用の場合、ご利用額の0.25%がキャッシュバックされます。
海外でご利用の場合、ご利用時の為替レートに1.63%が加算されます。1回のチャージ上限額は49000円、カード上限額は250000円となります。オリコプリペイドカードを紛失してしまわれたり、盗難にあってしまわれた場合、残高の補償を受けていただくことはできません。オリコMyプリカからご利用の停止・再開のお手続きをしていただくことができますので、ご利用に合わせてお手続きいただくことをおすすめいたします。オリコプリペイドカードは満12歳以上で日本在住の方であればどなたでもお申込みいただくことができます。クレジットカードを持てない中高生の方でもお申込みいただくことができるプリペイドカードになっていますので、中高生の短期留学や語学研修の際のクレジットカード代わりにご利用いただくのもおすすめです。お申し込みから最短6営業日でお手元に届きますので、ご旅行前などお急ぎの場合にもおすすめです。

プリペイドカードを海外でご利用いただく場合、ご利用可能額はプリペイドカードに事前チャージをされた残高分までとなりますし、プリペイドカードをご利用にならない時にはカードの利用を一時的に停止されておかれることでもしもスキミングに合ってしまわれた場合でもすぐにカード被害に合ってしまうリスクを減らしていただくこともできます。

エポスVISAプリペイドカード、三井住友VISAプリペイド、オリコプリペイドカードの場合、盗難・紛失の際に残高の補償を受けていただくことができません。しかし、キャッシュをお持ちの場合もお手持ちの金額を補償してもらうことはできませんし、多額のキャッシュをお持ちになるよりはご利用の停止をしていただくこともできるプリペイドカードの方が安心です。もしもの場合に備えて、プリペイドカードには事前に多額のチャージをせずに少しずつチャージをされることもおすすめいたします。上記の3枚のプリペイドカードの場合、インターネット上からクレジットカードやインターネットバンキング等を通して海外からでもチャージをしていただくことができますので、日程や観光内容に合わせて必要な金額をチャージしながらお使いいただくことができます。

日本でいつもお使いのクレジットカードをそのまま海外でお使いいただくのは非常に便利ですが、スキミングや不正利用に合ってしまわれた場合、クレジットカードの再発行となり、毎月の継続的なお支払いの再手続きも必要となり、非常に面倒です。また、プリペイドカードの場合、事前にチャージされた金額までしかご利用いただくことができませんので、不正利用額を限定していただくこともできます。海外でのスキミングや不正利用に合ってしまわれた際のリスクを減らしていただくためにも、ご自分自身の使いすぎを事前に防止していただくためにも、海外旅行や出張先で事前チャージ型のプリペイドカードをお使いになってみてはいかがでしょうか。

 

カテゴリー
プリペイドカード

Apple Pay、iD対応のプリペイドカード「dカード プリペイド」

 Apple Pay、iDに対応し、dポイントを貯めたり使ったりできるプリペイドカード「dカード プリペイド」。国内外のMaster Card加盟店、インターネットショッピングで一括のカード払いでご利用いただくことができますし、お急ぎの際などに電子マネーiDで簡単にお支払いを済ませていただくこともできます。

 dカード プリペイドは、事前チャージ式のプリペイドカードになりますので、チャージ残高分までしかご利用いただくことができません。海外旅行にクレジットカードを持っていったり、インターネットショッピングでカード番号を入力したりすることに抵抗があるという方、Apple Payで使いすぎないようにご自分でチャージ額を調整したいという方にもおすすめです。

 dカード プリペイドは、12歳以上(中学生以上)の方でdアカウントをお持ちの方ならどなたでもお作りいただくことができます。なかなか中学生や高校生が持つことができるプリペイドカードやクレジットカードはありませんので、もしものときの保険のためやお子さまのインターネットショッピング用、海外旅行や語学研修、留学用にお作りいただくのもおすすめです。

dカード プリペイドのお申込みはインターネットからとなります。PCからだけではなく、スマートフォンからもお申込みいただくことができるようになっています。
dカード プリペイドはNTTドコモと提携をしていますので、ドコモ回線にご契約中の場合、カード受け取り時にご本人確認の必要がありません。しかし、ドコモ回線にご契約をされていない方の場合、郵便局から届く「到着通知」に記載の郵便局へご自身でご連絡をしていただき、受け取り日時の指定をする必要があります。さらにお受け取り時には本人確認書類(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)のご提示が必要となります。お申込みからカードが発送されるまで約1週間となっていますが、ドコモ回線をお持ちではない場合、もう少し時間がかかることが予想されますので、ご旅行などのご予定をお持ちの場合は少し余裕をもってお申込みになることをおすすめいたします。

dカード プリペイドは事前入金式のプリペイドカードになりますので、ご利用いただくためには事前にカードにチャージをしていただく必要があります。チャージ方法には、ローソンの店頭レジにてキャッシュでしていただく方法、会員用WEBページ(マイページ)からお支払い方法を選択してチャージをしていただく方法があります。
ローソンの店頭レジにてキャッシュでチャージをしていただく場合、チャージ手数料として1回につき200円が必要となります。最低チャージ額は1000円で、最大49000円まで1円単位でチャージ額を自由に決めていただくことができます。

WEB上のマイページからチャージをしていただく場合、チャージ方法によって手数料の有無が異なります。ドコモの電話料金との合算、dカード払い、dポイントのご利用、提携クレジットカード払いの場合、チャージ手数料はかかりません。VJA、オムニカード協会加盟店各社発行のVISAカード、MasterCard以外のクレジットカードをご利用の場合はチャージ手数料200円が必要となりますので、お気を付けいただきたいと思います。WEBからの場合、最低チャージ額は500円で、最大50000円まで1円単位でチャージをしていただくことが可能です。

Apple Payをご利用いただく場合、ご利用前に設定をしていただく必要があります。Apple Payは、iPhoneのWalletアプリからカード登録をしていただくことでご利用いただくことができます。Apple Payにdカード プリペイドを設定中の場合、国内のiD加盟店ではご利用いただくことができますが、海外の店舗ではご利用いただくことができませんので、お気を付けいただきたいと思います。
しばらくカードをご利用いただくことがない場合には、マイページからカードのご利用停止設定をしていただくことをおすすめいたします。カードご利用を再開される場合も同じページから再開の設定が可能です。

dカード プリペイドの有効期限は、5年となります。有効期限から遡って1年以内にカードのご利用もしくはチャージがあった場合、カードは更新され、新しいカードが発行されます。カード更新時に残高があった場合、残高も新しいカードに引き継がれますが、カード有効期限1年以内にご利用やチャージがない場合、カード残高が失効しますので、お気を付けいただきたいと思います。

チャージ上限額は1枚のカードで30万円までとなっています。チャージ額の払い戻しをすることはできませんので、お気を付けいただきたいと思います。
海外でのご利用の場合、ご利用金額に海外事務処理手数料の4.00%が加算された金額を日本円に換算してのご請求となります。
dカード プリペイドでは、ショッピングのご利用税込200円ごとに1dポイントが貯まります。dポイント加盟店では税込100円ごとに1ポイントが加算されます。
ローソンやマクドナルドでのショッピング(金券等一部除く)を3%割引でご購入いただくこともできます。割引分は店頭での割引ではなく、ご利用翌月にdカード プリペイドにチャージされます。

dカード プリペイドは、クレジットカードの代わりとして国内外のMasterCard加盟店でご利用いただくこともできますし、Apple Payに登録してご利用いただいたり、電子マネーiDとしてご利用いただくこともできますので、ドコモユーザーの方やiPhoneユーザーの方にとって使い勝手のよいプリペイドカードになっています。また、12歳以上(中学生以上)の方でdアカウントをお持ちの方ならどなたでもお申込みいただくことができますので、年齢的にクレジットカードを持てない方でもdカード プリペイドを利用してMasterCard加盟店でのショッピングやインターネットショッピング等をご利用いただくことができます。Apple Payにカードを登録したり、サインや暗証番号なくご利用いただくことができるiDに抵抗があるという方でもdカード プリペイドなら事前にチャージされた分までしかお使いいただくことができませんので、より気軽に始めていただくことができると思います。dカード プリペイドは年会費無料でお作りいただくことができますので、ドコモユーザーやiPhoneユーザーの方、iDに興味があるという方に特におすすめです。

カテゴリー
プリペイドカード

LINE Payと連動して使えるJCBプリペイドカード「LINE Payカード」

 いつでも無料で電話やメールができるコミュニケーションアプリLINE。スマートフォンユーザーの方であれば、LINEをご利用になられている方も多いのではないでしょうか。スマートフォンアプリLINEでは、LINE上での友達への送金や友達との割り勘、加盟店での決済にLINE Payをご利用いただくことができるようになっています。LINE Payでは、スマートフォンのアプリ上でいろいろな決済等をしていただくこともできますし、LINE Pay加盟店での特別優待を受けていただくこともできるようになっています。「LINE Payカード」は、LINE Payと連動して実店舗でもご利用いただくことができるプリペイドカードになっています。

 LINE Payカードは、国内外のJCB加盟店でのショッピングやレストラン等でのお支払いにご利用いただくことができますし、インターネットショッピングでもクレジットカードやデビットカードと同じようにカードを提示したり、カード番号を入力してご利用いただくことができるようになっています。

 入会金や年会費、チャージ手数料は無料でご利用いただくことができるようになっています。

 プリペイドカードになりますので、クレジットカードのような審査はありませんので、LINEユーザーの方ならどなたでもお申込みいただくことができます。また、LINE Payカードには、年齢制限がありませんので、スマートフォンをお持ちの中高生の方でもカードをお作りいただくことができるようになっています。

 お申込みは、LINEアプリ内のLINE Payをタップして必要事項をご記入いただき送信していただくだけで完了します。カードがご自宅に届くまで1週間から10日ほどとなっています。カードがお手元に届きましたら、お手元に届いたカードに記載されているセキュリティコードを入力して、カードの利用開始手続きをLINE上でしていただく必要があります。

 また、LINE Payカードは、前払い式のプリペイドカードになっていますので、ご利用には、事前にカードへのチャージも必要となります。

 LINE Payカードへのチャージ方法には、コンビニエンスストアでのチャージ、銀行口座の登録、Pay-easy(ペイジー)を利用したATMからのチャージ、Pay-easyを利用したインターネットバンキングからのチャージ、チャージ専用口座を利用したチャージ、登録銀行口座からのオートチャージがあります。

 コンビニエンスストアでのチャージでは、ファミリーマート、セイコーマート、サークルK、サンクス、ミニストップ、ローソンをご利用いただくことができるようになっています。

 銀行口座の登録で、ご登録いただくことができる銀行は、みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行になります。銀行口座をLINE Payにご登録いただくことで、カードへチャージしていただくことができるようになります。

 また、ご登録いただいた銀行口座からオートチャージのご登録もしていただくことができるようになっています。オートチャージでは、残高が設定された最低残高を下回ったときに自動的にチャージされるように設定していただくことができます。

 Pay-easyを利用して各種ATMやインターネットバンキングからチャージをしていただくことも可能です。

 チャージ専用口座を利用したチャージでは、指定のチャージ専用口座番号にご入金されることでLINE Payカードにチャージしていただくことができるようになっています。

 LINE Payカードをショッピング等でご利用いただくことで、LINEポイントがたまります。LINEポイントは、ご利用金額100円ごとに2ポイントが加算されます。貯まったLINEポイントは、1000ポイントから1ポイント1円換算でLINE Pay残高に交換することができるようになっています。LINE Payの出金機能を利用すれば、手数料200円(税抜)で、ご自分の口座に出金してキャッシュとしてご利用いただくこともできるようになっています。なんと還元率は業界最高水準の2%

 また、ショッピング等でLINE Payカードをご利用の際には、リアルタイムでLINEアプリのプッシュ通知でお知らせが届きますので、もしも不正利用に合ってしまわれた際にもすぐにお気づきいただくことができるようになっています。

 LINE Payのチャージ上限は、本人確認処理を行っていない場合、10万円までとなっていますが、本人確認済みの場合、上限はありません。また、決済の上限額は1回100万円までとなっています。

 プリペイドカード券面は、4種類(キャラクターもの、シンプルなもの)からお好きなものをお選びいただくことができるようになっています。口座維持手数料等もかかりませんので、LINEユーザーの方であれば、お好みのカードを1枚お持ちになっておかれるのもおすすめです。

 LINE Payカードは、従来のプリペイドカードのチャージ残高上限では足りなくていつもチャージをしていなければいけなかったという方や年齢制限でプリペイドカードをお作りいただけなかった中高生の方、LINE Payでの決済を実際によくご利用になるという方におすすめいたします。

カテゴリー
プリペイドカード

国内で使えるプリペイドカードの入金方法

 国内で使えるプリペイドカードには、日本国内でのみ使えるタイプ、国内外の加盟店で使えるタイプ、ネット専用タイプの3タイプがあります。

 日本国内でのみ利用可能なプリペイドカードには、JCBブランド系のプリペイドカード、「JCBプレモカード」、「おさいふPonta(JCB)」があります。VISAおよびMasterCardブランドのプリペイドカードの場合、基本的に国内外の加盟店でご利用いただくことができるようになっています。

 ネット専用タイプの場合も、基本的に国内外のインターネットサイトでのショッピングにご利用いただくことができます。「e-さいふ(VISA)」にように国内外のインターネットサイトとともにオンラインゲームでのご利用も可能なネット専用プリペイドカードもあります。ネット専用タイプの場合、プラスチックカードのない、カードレスのバーチャルカードも多くなります。カードレスのネット専用プリペイドカードの場合、「ドコモ口座Visaプリペイド」のように使い捨ての1回限りの番号を発行するタイプもありますし、「楽天バーチャルプリペイドカード(MasterCard)」や「e-さいふ」、「V-プリカ(VISA)」のようにカード券面の名前をニックネームで登録可能になっているものもあります。

 あくまでプリペイドカードになっていますので、クレジットカードやデビットカードとは異なり、実店舗、ネットショップにかかわらず一部ご利用いただくことができない店舗もありますが、プリペイドカードならではの前払い式の支払い方法で使いすぎを防いでいただいたり、クレジットカード等を持てない年齢のご家族用にご用意いただいたりすることができます。

 プリペイドカードへの入金方法は、プリペイドカードを発行している店舗店頭での現金での購入や入金、クレジットカードでの購入や入金、コンビニエンスストアでの購入や入金、銀行振込、口座振替、インターネットバンキング、携帯電話料金との合算、ポイントとの交換等が挙げられます。

 口座振替が可能なプリペイドカードには、「ソフトバンクカード(VISA)」があります。「ソフトバンクカード」は、ジャパンネット銀行の口座振替が可能になっています。

 携帯電話料金と合算できるプリペイドカードには、auの「au Wallet(MasterCard)」、ソフトバンクの「ソフトバンクカード」、docomoの「ドコモ口座Visaプリペイド」があります。「ドコモ口座Visaプリペイド」の場合、カードに事前に入金をしていない場合でも上限20000円までであれば携帯電話料金との合算で後払いができるようになっています。docomoの場合、毎月1回まで手数料無料でご利用いただくことができます。

 ポイントとの交換で入金できるプリペイドカードには、WALLET ポイントもしくはauポイントから交換ができる「au Wallet(WALLETポイント1ポイント1円、auポイント1.2ポイントで1円)」、エポスポイントの交換ができる「エポスVisaプリペイドカード(1エポスポイント1円)」、オリコポイントの交換ができる「オリコプリペイドカード(MasterCard・500オリコポイント500円)」、Tポイントの交換ができる「ソフトバンクカード(100Tポイント85円)」、テイツーポイントの交換ができるVisaプリペイド機能付「テイツーカード(TAY-TWO CARD・1ポイント1円)」があります。ポイントからの交換レートはプリペイドカードにより異なります。ポイントによっては、プリペイドカードにチャージせずにそのままポイントとして利用された方がお得になる場合もありますので、お気を付けいただきたいと思います。

 銀行振込をご利用いただくことができるプリペイドカードでは、銀行窓口やATMからご入金をしていただくことができますが、「ドコモ口座Visaプリペイド」のようにPay-easy(ペイジー)対応の金融機関である必要があるものもあります。また、ご利用いただく金融機関によって振込手数料がかかる場合もありますので、プリペイドカードの指定口座に合わせて金融機関をお選びいただくことをおすすめいたします。

 クレジットカードでのご入金の場合、提携のクレジットカードのみご利用いただくことができるカードが多くなっています。例えば、「楽天バーチャルプリペイドカード」は、楽天カードからの入金のみ可能となっていますし、「エポスVISAプリペイドカード」はエポスカード限定、「JCBプレモカード」はJCBカード限定、「ココカラクラブカード(VISA)」はセゾンカード、UCカード限定、「オリコプリペイドカード」は、オリコ発行のMasterCard、VISA、JCB限定になっています。「三井住友VISAプリペイドカード」、「e‐さいふ」のように提携のクレジットカードからの入金のみ手数料が無料になるカードもあります。

 コンビニエンスストアでは、「バニラVISAオンライン」カードのように既にパックされている金額限定、1回使い切りタイプものも販売されていますし、コンビニエンスストアに置かれている端末を利用して決められた金額からチャージ金額を選んで入金するカードレスタイプの「三井住友VISAプリペイドe」のようなカードもご購入いただくことができます。「オリコプリペイドカード」のように事前にWEB上からご購入金額をご登録いただき、コンビニエンスストアの端末を利用してご登録いただいた金額をお支払いいただくタイプもあります。

 提携店舗店頭での入金のほとんどは現金で、レジでの入金になります。店舗店頭で入金をされることで、すぐにプリペイドカードをお使いいただくことができるものが多くなっていますので、ご旅行などで急にVISAやMasterCard、JCBブランドのカードが必要になった際でもプリペイドカードであればすぐにご用意いただくことが可能です。

 プリペイドカードによって、1円単位で入金していただくことができるものもあれば、1000円単位で入金していただくものもあります。たとえば「おさいふPonta」であれば、ローソン店頭で1000円以上、1円単位で30000円まで入金していただくことができますし、「ココカラクラブカード」は1000円単位で50000円まで入金していただくことができます。

 インターネットバンキングから入金していただくことができるプリペイドカードもありますので、残高が足りなくなってしまった場合でも自宅や外出先で入金をしていただくことができます。インターネットバンキングをご利用いただくことができるプリペイドカードには、「JCBプレモカード」、「ココカラクラブカード」、「オリコプリペイドカード」、「三井住友VISAプリペイド」、「三井住友VISAプリペイドe」、「V-プリカ」、「ドコモ口座VISAプリペイド」があります。プリペイドカードを普段使いにしたいけれど、入金のためにどこかに出かけるのは面倒という方にはインターネットバンキングをご利用いただくことができるプリペイドカードがおすすめです。

 プリペイドカードの購入、入金の際には、手数料が必要となる場合もあります。「JCBプレモカード」では、初回ご購入時にチャージ金額に300円が加算されますし、「三井住友VISAプリペイド」は、発行手数料220円(発行時にVJ協会、オムニカード協会加盟各社発行のVISAおよびMasterCardご利用の際は無料)とカード発送手数料440円が加算されます。「おさいふPonta」や「e-さいふ」はクレジットカードでの入金時にお使いいただくクレジットカードによって手数料の有無が異なります。ほかにも「オリコプリペイドカード」、「e-さいふ」、「V-プリカ」、「ドコモ口座Visaプリペイド」で入金時に手数料が必要となる場合があります。

 また、「e-さいふ(1年間利用がない場合)」、「V-プリカ(3か月利用がない場合)」では、口座管理手数料(休眠カード維持費)が必要となりますので、もしもの場合に備えてプリペイドカードを作っておきたいという方にはあまり向かないプリペイドカードになります。

 プリペイドカードもクレジットカードのように有効期限があります。有効期限はカードによって異なりますが、6か月間利用なしの場合、有効期限内であっても失効するおそれのある「テイツーカード」のようなカードもあります。

 お選びになるプリペイドカードによって手数料やご利用いただくことができる入金方法が異なります。ご自分のライフスタイルやプリペイドカードをお作りになる目的、利用方法に合わせてご自分にあったカードをお選びいただきたいと思います。
 

国内外で使えるプリペイドカード比較表 (PDF)

カテゴリー
プリペイドカード

入金方法で選ぶ海外専用プリペイドカード

海外で使えるプリペイドカードには、国内、海外ともにご利用いただくことができるプリペイドカードと海外専用のプリペイドカードがあります。海外専用プリペイドカードの国際ブランドは、MasterCardとVISAの2種類があります。MasterCardブランドの海外専用プリペイドカードには、「T’s Currency Card (トラベラーズカレンシーカード)」、「CASH PASSPORT(マルチカレンシーキャッシュパスポート)」、「Manepa Card(マネパカード)」があります。VISAブランドの海外専用プリペイドカードは、「海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」、「海外プリペイドカードGAICA」、「MoneyT Global(マネーティーグローバル)」、「NEO MONEY(ネオマネー)」、「Visa TravelMoney “Gonna”(ビザトラベルマネー “ゴナ”)」、「Visa TravelMoney “Gonna” (SMBC信託銀行 口座振替専用)」があります。お選びいただく国際ブランドによって海外で現金を引き出していただく際にご利用いただくことができるATMが異なりますので、お気を付けいただきたいと思います。

海外専用プリペイドカードの入金方法は基本的に銀行振込のみとなります。コンビニエンスストアのATMや金融機関の窓口、ATM、インターネットバンキングから各種指定口座へチャージしたい金額を振り込んでご利用いただくことになります。金融機関への銀行振込になりますので、入金額がプリペイドカードに反映されるのは、基本的にプリペイドカード発行会社が入金を確認した後になります。そのため、国内外でご利用いただくことができるプリペイドカードに比べてチャージをされた金額がプリペイドカードに反映されるまで時間がかかる場合があります。また、金融機関やプリペイドカード発行会社の営業時間外や土日祝日の振込の場合、チャージ額がカードに反映されるのは、翌営業日以降となる場合が多くなっています。海外専用プリペイドカードの場合、基本的に急にチャージが必要になってしまわれた際にすぐにチャージができるというわけではありませんので、事前にチャージされている金額をご確認いただき、入金をされておかれることが大切です。

いくつかの海外専用プリペイドカードでは、銀行振込以外の入金方法も用意されています。

「Visa TravelMoney “Gonna” (SMBC信託銀行 口座振替専用)」では、インターネット上の会員専用サイトにて、SMBC信託銀行プレスティアの口座から口座振替でお手持ちの外貨(日本円、米ドル、豪ドル、英ポンド、ユーロの5通貨)をチャージしていただくことができるようになっています。ただし、口座振替になりますので、カードに入金額がチャージされるまで最長で3日ほどかかる場合があります。インターネット上で手軽にチャージをしていただくことができますが、チャージ完了までに時間がかかりますのでご利用の際には時間に余裕をもってチャージしていただく必要があります。

入金額がすぐにカードに反映される海外専用プリペイドカードもいくつかあります。「海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」は、海外専用プリペイドカードでは珍しく即時チャージをしていただくことができるカードになっています。「海外プリペイドカードGAICA」には、Flex機能が付いているものと、Flex機能なしの2種類が用意されています。Flex機能付きのGAICAをお作りいただくためには、ご本人名義の新生総合口座パワーフレックスを保有されている必要があります。新生総合口座パワーフレックスの外貨預金分をGAICAにチャージしていただくことで即時チャージが可能となります。そのため、Flex機能なしの通常カードでは、即時チャージをしていただくことはできません。

マネーパートナーズFX口座をお持ちの場合、FX口座から外貨をチャージしていただくことができる「Manepa Card マネパカード」もおすすめです。FX口座にお持ちの米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドルをマネパカード口座にチャージしていただくことができるようになっています。チャージの際には、1通貨につき0.004通貨の手数料が必要となります。

新生総合口座やマネーパートナーズFX口座は持っていないけれど、できるだけすぐにチャージができるプリペイドカードが欲しいという方には、「NEO MONEY ネオマネー」もおすすめです。ネオマネーは、指定口座への振込のほかに、セゾンATM、セブン銀行ATMを利用したチャージができるようになっています。セゾンATM、セブン銀行ATMにネオマネーカードを直接挿入してチャージをしていただくことができますので、より手軽にカードにチャージをしていただくことができるようになっています。ただし、それぞれチャージ可能時間が決まっていますので、チャージ可能時間にお手続きをしていただく必要がありますし、カードを直接機械に入れてチャージしていただくことになりますので、店舗に出向いていただく必要があります。

セゾンATMのチャージ可能時間は店舗によって異なりますので、事前に最寄りのセゾンATMのチャージ可能時間をお調べいただくことをおすすめいたします。セブン銀行ATMのチャージ可能時間は、朝7時から夜11時までで、毎月14日は朝7時から夜9時までとなっています。

海外専用プリペイドカードに銀行振込でチャージをされる場合、基本的にインターネットバンキングから振込をしていただくこともでき、ご自宅や海外旅行先からでもチャージをしていただくことができるようになっています。海外からのインターネットバンキングを通した振込の場合、時差の関係もありますので、チャージ額が反映されるまで時間がかかる場合もあります。

海外専用プリペイドカードの場合、長期の留学の際など、日本国内にいるご家族からカードに入金をしていただくこともできるカードが多くなっています。ご本人以外の方に入金をしていただくためには、事前に「振込入金委任状(入金委任状)」登録が必要になる場合が多くなっています。長期のお出かけのご予定がない場合でも、緊急事態に備えて、事前に代理人の登録をされておかれますと安心です。登録は基本的にインターネット上からでもしていただくことができるようになっています。

海外専用プリペイドカードの多くは、マイナンバー制度による「国外送金調書法」の改正により、お申し込み時にマイナンバーの確認が必要となりました。そのため、プリペイドカードお申し込み時にお手元に届いたマイナンバーが記載されている「通知カード」もしくは「個人番号カードの裏面」、または「マイナンバー付き住民票」のうちいずれかの提示が必要となります。マイナンバーの提示に抵抗がある場合、国内外でご利用いただくことができるプリペイドカードにはマイナンバーの提示が必要ないものもありますので、ご利用の予定や条件に合わせてプリペイドカードをお選びいただきたいと思います。また、マイナンバー制度の関係でご利用いただくことができるお申込み方法が限定されている場合や、お手元にカードが届くまで従来より時間がかかる場合もありますので、ご出発まで余裕をもって海外専用プリペイドカードをお申し込みされることをおすすめいたします。

海外専用プリペイドカード 比較表 (PDF)
 

カテゴリー
プリペイドカード

中学生・高校生の留学におすすめの海外専用プリペイドカード

 中学生や高校生の語学研修や短期留学、海外修学旅行の資金や保険としても海外専用プリペイドカードはおすすめです。中学生や高校生の場合、なかなかお作いいただくことができるクレジットカードがありません。デビットカードの場合、中には高校生でもお作りいただくことができるものもありますが、中学1、2年生ではかなり難しくなってきます。

 海外専用プリペイドカードの場合、カードに付いている国際ブランドの加盟店でクレジットカードと同じような形でショッピングをしていただくこともできますし、国際ブランド加盟の海外ATMをご利用いただくことで現地通貨を引き出してお使いいただくこともできるようになっています。

 大人が一緒の旅行とは違い、お子さまだけでお出かけになる場合、多額のキャッシュをお持ち歩きになることは現実的ではありませんので、送金用手段のひとつとしても海外専用プリペイドカードをご検討いただくことをおすすめいたします。

 中高生の語学研修や短期留学用に海外専用プリペイドカードをご用意いただく場合、気軽に作れること、安全なこと、入金手数料や払い戻し手数料がかからないかどうかが大きなポイントになってきます。

 そこで、中高生の語学研修や留学には、新生銀行が提供している「海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」をおすすめいたします。「海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」は、満13歳以上の日本在住の方で、新生総合口座パワーフレックスの口座を保有し、新生パワーダイレクトに登録済みであることが条件となりますので、中高生の方でも保護者の同意のもと、海外専用プリペイドカードをお作りいただくことができるようになっています。

 また、銀行が提供しているプリペイドカードですので、お子さまでも安心してご利用いただくことができると思いますし、年会費やカード発行手数料、日本円での入金時手数料、払い戻し手数料のすべてが無料になっています。

 カードの国際ブランドはVISAになっていますので、英語圏の比較的多くの国で問題なくご利用いただくことができますし、お申込みから最短4営業日でお手元にカードが届きますので、出発近くになって念のためにお子さまに持たせたいとお考えになられた場合でも、比較的お作りいただきやすくなっています。海外でカードを失くされた場合でも緊急再発行をしていただくこともできますし、インターネット上の会員専用サイトから24時間いつでもカードへのチャージや払い戻しをしていただくことができますので、急遽キャッシュが必要になってしまった場合でも安心です。

 「海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」を海外で実際にショッピング等のお支払いの際にご利用いただく場合、為替手数料として4.0%が必要となりますし、海外ATMから現地通貨をお引出いただく際にも手数料として1回およそ200円(通貨によって異なる)が必要となります。為替手数料だけを見ますとあまりメリットを感じられないとも思いますが、お子さまが多額のキャッシュをお持ち歩きになる必要がないこと、送金用としてもお使いいただくことができると考えますと非常にメリットがあります。

 他の海外専用プリペイドカードでは、VISAの海外加盟店でお使いいただくことができるセゾンカードで有名なクレディセゾンが提供している「ネオマネーNEO MONEY」もおすすめです。年会費、入会金、口座管理手数料がすべて無料でお使いいただくことができますし、13歳以上の方で本人確認書類をご提出いただくことができれば、お作りいただくことができるようになっています。

 また、国内金融機関からの振込やインターネット上からの入金だけではなく、セブン銀行やセブンATMからチャージをしていただくこともできるようになっていますので、非常に使いやすくなっています。もちろんもしもの場合には有料にはなりますが、現地で再発行をしていただくこともできるようになっています。「ネオマネー」の場合、プリペイドカードからの払い戻しには手数料500円(税抜)がかかりますし、海外ATM手数料として1回200円、為替手数料として5%が必要となります。

 海外専用プリペイドカードを語学研修や短期留学にお持ちいただくことで、海外の滞在先で多額のキャッシュをお持ち歩きいただく必要はありませんし、急遽キャッシュが必要になってしまった場合でも海外ATMからご用意いただくことができるようになります。海外の銀行で口座をお作りいただいたり、国際キャッシュカードをお作りいただくよりもより気軽に、より手軽に、より安全にご利用いただくことができると思いますので、実際にお使いいただく予定がない場合でもキャッシュを失くしてしまわれた場合などもしもの場合に備えて、保険としてお作りいただき、お持ちいただくこともおすすめです。

海外専用プリペイドカード 比較表 (PDF)
 

カテゴリー
プリペイドカード

キャッシュバック付き、オートチャージができるプリペイドカード「オリコプリペイドカード」

 オリエントコーポレーション(オリコ)が提供する、クレジットカードでオートチャージができるプリペイドカード「オリコプリペイドカード」。オリコプリペイドカードは、日本で初めて国際ブランドをお選びいただくことができる国内外でご利用可能なプリペイドカードになっています。MasterCardとVISAからお好きな国際ブランドをお選びいただくことができるようになっています。

 お選びいただいた国際ブランドの加盟店である国内外のショップやレストランでお支払いにご利用いただくことができますし、インターネットショッピングでもご利用いただくことができるようになっています。

 オリコプリペイドカードの年会費は無料です。カードの有効期間は5年間になります。オリコプリペイドカードは、前払い式のプリペイドカードになっていますので、お支払いは1回払いのみとなっています。

 お申込みはパソコンもしくはスマートフォンからインターネットを通してしていただくことができます。メールアドレスをご登録いただき、ご登録のメールアドレス宛てに届いたメールに記載されているURLからお申込みページに移動していただき、必要事項をご入力いただくことでお申込み手続きが完了いたします。

 プリペイドカードのお届けはお申込みから最短で6営業日後となります。お届けはヤマト運輸(株)の「本人確認サービス」もしくは「セキュリティパッケージ」になりますので、お受け取りの際にご本人と確認できる資料が必要となります。ご提示いただく資料は、運転免許証やパスポート、写真付き住民基本台帳カード、在留カード、各種健康保険被保険者証、年金手帳等の中から1点が必要となります。カードをお受け取りいただく際には、事前にご本人確認資料のご準備をされておかれることをおすすめいたします。

 オリコプリペイドカードは、日本国内居住の満12歳以上の方ならどなたでもお持ちいただくことができるようになっています。
お子さまのお小遣いを入れて、国内外の加盟店やインターネットショッピングでご利用いただくこともできますし、中高生のお子さまの短期での語学研修や海外旅行にもご利用いただくことができます。ただし、未成年の方のお申込みには、親権者の同意が必要となります。オリコから郵送されてくる「親権者同意案内」にご署名いただきご返送いただく手続きがありますので、通常のカードお申込みに比べてカードがお手元に届くまでお時間がかかります。ご旅行等でお急ぎの場合には、できるだけ早くお手続きをお進めいただきたいと思います。

 オリコプリペイドカードは、前払い式のプリペイドカードになっていますので、ご利用には、事前にカードにご入金(チャージ)していただく必要があります。ご入金は、クレジットカード(オリコ発行のもの)によるチャージ、オリコポイントによるチャージ、コンビニエンストアによるチャージ、銀行振込によるチャージ、インターネットバンキングによるチャージが用意されています。クレジットカードおよびオリコポイントによるチャージ以外はすべてチャージ手数料200円(税込)が必要となりますので、お気を付けいただきたいと思います。

オリコプリペイドカードでは、オリコが発行するクレジットカード(VISA、Master Card、JCB)をご登録いただくことで、面倒なご入金の必要がないオートチャージ(自動入金)をご利用いただくこともできるようになっています。オートチャージをご利用いただくことで、カード残高があらかじめご登録いただいていたご利用可能残高を下回ったときに自動的にご登録いただいていたチャージ金額分がプリペイドカードに入金されますので、残高が不足するたびにご入金いただく手間がかかりません。
オリコプリペイドカードのチャージ上限金額は250000円、1回あたりのチャージ上限額は49000円となっています。1回あたりのチャージ最低金額はオリコポイントの場合は500円で、1円単位でご入金いただくことができます。それ以外は1000円からで、1000円単位でのご入金となります。

また、ご利用いただいた金額(月間)の0.25%がご利用の翌月下旬にプリペイドカードにキャッシュバックされますので、キャッシュバック分を次回以降のお支払いにご利用いただくことができるようになっています。

オリコプリペイドカードは、12歳以上のお子さまがインターネットショッピングをされる場合にもお使いいただくことができますし、インターネットショッピングでクレジットカード番号を入力することに不安がある方、貯まったオリコポイントを有意義に使いたいという方に非常におすすめです。また、オートチャージ機能がありますので、プリペイドカードをよくご利用になられる方や入金作業が手間でプリペイドカードがなかなか続かなかったという方にも非常におすすめです。

オリコプリペイドカード

カテゴリー
プリペイドカード

Pontaポイントが貯まるプリペイドカード「おさいふPonta」

 株式会社ローソン、株式会社クレディセゾン、株式会社ジェーシービー、株式会社ロイヤリティ マーケティングが提供する、ローソンのPonta初めてのプリペイドカード「おさいふPonta」。おさいふPontaは、JCBブランド付きのプリペイドカードになっています。

 ローソンに限らず、国内のJCB加盟店でもご利用いただくことができますし、インターネット上でもクレジットカードやデビットカードと同じ感覚でご利用いただくことができるようになっています。また、インターネットショッピングでご利用の場合、海外のインターネットショップでもJCB加盟店であればご利用いただくことができるようになっています。海外のJCB加盟店店舗や国内の高速道路等、一部ご利用いただけない場所もありますので、お気を付けいただきたいと思います。

 おさいふPontaの発行手数料および年会費は無料になっています。おさいふPontaは、ローソンの店頭でお受け取りいただくことができるようになっています。カードのお受け取り後、インターネット上から会員登録をしていただくことで、貯めたPontaポイントをご利用いただくことができますし、チャージ残高や取引明細の確認、WEB上でのご入金、紛失時のサポートを受けていただくことができるようになります。

 事前にご入金をしていただく前払い式のプリペイドカードになっていますので、ご利用になりたい金額だけご入金いただくことができますし、後払い式のクレジットカードやキャッシュカード一体型のデビットカードに抵抗がある方でもご利用いただきやすくなっています。また、即時発行となっていますので、ご旅行等にお持ちになりたい場合などご出発まで時間がない場合でもお作りいただくことができるようになっています。

 未成年者(特に13歳未満)の方が発行をご希望の場合は、親権者の同意が必要となりますが、親権者の同意が取れればお持ちいただくことができますので、クレジットカードをご利用いただけない年齢の方でもインターネットショッピング等にご利用いただくことができるようになっています。

 おさいふPontaへのご入金は、より手軽に全国のローソン店頭で現金でご入金いただくことができるようになっています。ローソンだけではなく、ナチュラルローソン、ローソンストア100でもご入金いただくことができるようになっていますし、WEB上でお手持ちのクレジットカードを利用してご入金いただくこともできるようになっています。ご入金は1000円からで、ご入金の上限額は1回につき3万円までで、1か月で10万円までとなっています。

 おさいふPontaは、ローソンのPontaカードのJCBプリペイド機能付きカードになっていますので、Pontaポイントを貯めていただくこともできるようになっています。Pontaポイントは、ローソンでのお買物では100円(税抜)で1ポイント、JCB加盟店でのご利用では500円(税込)で1ポイントが貯まります。Ponta提携企業は、100円(税抜)もしくは200円(税抜)につき1ポイントが貯まるようになっています。

 プリペイドカード払いだけではなく、ローソンやPonta提携企業では、現金でのお支払いでも通常のPontaカード同様、Pontaポイントを貯めていただくことができるようになっています。

 おさいふPontaのチャージ残高は、ローソンでのお買物の際にレシートで残高のご確認をしていただくこともできますし、WEB上のマイページからもご確認いただくことができるようになっています。

 現在Pontaカードをお持ちの場合、おさいふPontaにPontaポイントを移行していただくこともできるようになっていますが、ポイントの移行は1回限りとなっていますので、お気を付けいただきたいと思います。プリペイドカードを使ってみたいけれど、手続きが面倒なカードは嫌だという方やPontaポイントを貯めている方、クレジットカードやデビットカード以外のカードでインターネットショッピングを楽しみたいという方におすすめです。

カテゴリー
プリペイドカード

為替手数料で選ぶ海外専用プリペイドカード

 海外旅行や海外出張によくお出かけになる方の中には、海外でクレジットカードやデビットカードをお使いになることに不安があるという方もいらっしゃるでしょうし、そうはいっても多額のキャッシュを持ち歩くことも心配だという方もいらっしゃることでしょう。

海外旅行や海外出張先限定でご利用いただくことができる海外専用プリペイドカードなら、クレジットカードと同じように海外旅行先でのショッピングやお食事でのお支払いにご利用いただくことができますし、海外ATMを利用して現地通貨を引き出していただくこともできるようになっています。

 海外専用プリペイドカードは、前払い式のプリペイド方式になっていますので、使いすぎの心配や帰国後のお支払いの心配、利息の心配等もありません。しかも、海外専用プリペイドカードの場合、その多くが年会費や入会金無料でご利用いただくことができるようになっていますので、試しに持ってみたいという方でもお使いいただきやすくなっています。

しかし、海外専用プリペイドカードの為替手数料は、クレジットカードでのキャッシングやキャッシュでの両替と比べて比較的高めの4~5%となっていますので、為替手数料のみを見てしまいますとなかなかメリットが見いだせなくなってしまう場合もあります。

 そんなプリペイドカードの中でも為替手数料がお得なおすすめカードが、「マネパカード(Manepa Card)」になります。マネパカードの為替手数料は、FXレートに一定のコストを加えたレートで、その為替手数料は、日本円から外貨への交換でおよそ1%未満と言われています。普通の海外専用プリペイドカードと比べて非常に低く設定されていますし、クレジットカードやキャッシュでの両替と比べても非常に低いレートとなっています。

 マネパカードの場合も入会金や年会費は無料で、16歳以上70歳未満の日本在住の方で連絡可能なE-メールアドレスをお持ちの方ならどなたでもお申込みいただくことができるようになっています。MasterCardブランドのプリペイドカードになっていますので、海外・国内のMasterCard加盟店でクレジットカードと同じようにお使いいただくことができますが、エンボレスカード(凹凸のないカード)のため、ヨーロッパなどの古いショップのように手作業で決済をする店舗ではご利用いただくことができない場合がありますので、お気を付けいただきたいと思います。

 また、マネパカードの場合、マルチカレンシーカードになっていますので、アメリカドル、ヨーロッパユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージしてご利用いただくことができます。

 また、為替手数料は3.5%とマネパカードと比べると高めになってしまいますが、外貨でチャージをしておくことができて、マネパカードより年齢制限の低い満13歳以上からお持ちいただくことができる海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)もおすすめです。

 海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)の場合、外貨チャージをしていただく際に入金手数料として3.5%の手数料が加算されますが、外貨でチャージをしていただいた分をそのまま海外でご利用いただくことができますので、ご利用時の為替手数料がかからないしくみになっています。外貨でチャージしていただくことができる通貨は、アメリカドル、ヨーロッパユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドルの4通貨になります。日本円をチャージしておかれることで、4通貨以外の外貨でもご利用いただくことができますが、その場合は、為替手数料として4.0%が加算されます。

 レートのよい時期に外貨でチャージをしていただくこともできますし、マネパカードに比べて年齢制限も低くなっていますし、新生総合口座パワーフレックスからそのままチャージしていただくことができるようになっていますので、新生銀行の口座をお持ちの方にもおすすめです。

 海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)も年会費無料でご利用いただくことができますし、海外のVISA加盟店でクレジットカードと同じようにショッピングやお食事でご利用いただくことができるようになっています。

 この他の海外専用プリペイドカードの為替手数料は4~5%のものが多くなっていますので、為替手数料で選びますと、マネパカードと海外専用プリペイドカードGAICAの2枚がよろしいかと思います。

海外専用プリペイドカード 比較表 (PDF)

カテゴリー
プリペイドカード

Flex機能付きも選べる海外専用プリペイドカード「GAICA」

 新生銀行グループ株式会社アプラスが提供する、日本円でチャージをして、海外ATMから現地通貨を引き出したり、カードショッピングをしたりすることができる標準機能の「海外プリペイドカードGAICA」と外貨預金からもチャージをすることができるFlex機能付きの「海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)」。

 GAICAは、年会費やカード発行手数料が無料、日本在住の満13歳以上の方で、E-メールアドレスをお持ちの方であれば、どなたでもお申込みいただくことができるプリペイドカードになっています。Flex機能付きGAICAは、上記に加えて、新生銀行総合口座パワーフレックスに口座をお持ちで、新生パワーダイレクト(インターネットバンキング)に登録をされている方が対象となります。

 標準機能のGAICAとFlex機能付きGAICAの違いは、外貨預金から直接GAICAにチャージができるかどうかという点になります。標準機能のGAICAは、日本円でのチャージのみとなり、三井住友銀行のアプラス指定口座に振り込みをしていただくことで入金が可能となりますが、Flex機能付きGAICAの場合、新生銀行総合口座パワーフレックスの外貨預金から専用ウェブサイトを通してチャージをしていただくこともできるようになっています。Flex機能付きGAICAの場合、専用サイトからメンテナンス時等を除いて24時間いつでもチャージや手数料無料で払い戻しをしていただくこともできるようになっています。標準機能のGIACAの場合は、ご自分の指定口座へ振り込みで払い戻しをすることができるようになっていますが、払い戻し手数料として1回500円(税抜)が必要となります。

標準機能のGAICAの場合、日本円のみのご利用となりますが、Flex機能付きGAICAの場合、日本円に加えて、アメリカドル、ヨーロッパユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドルの4通貨をチャージしてご利用いただくことができるようになっています。チャージ手数料は、日本円は無料、外貨の場合はチャージ金額の3.50%となります。ショッピングや海外ATMご利用時の為替手数料は、日本円の場合は4.0%、外貨の場合は無料となっています。外貨でチャージしていただいた方が0.5%ほどお得になりますので、ご利用いただくことができる4通貨の利用頻度が高いという方には、Flex機能付きのGAICAをおすすめいたします。

 海外プリペイドカードGAICAは、標準機能、Flex機能付きともに海外のVISA加盟店でクレジットカードと同じようにショッピングやレストランでのお支払いにお使いいただくことができるようになっています。海外専用プリペイドカードとなっていますので、国内でのご利用はできませんし、1回払いのみとなります。ショッピングでのご利用限度額は、ご入金の範囲内において、1回100万円までで、1日100万円まで、1か月で100万円までとなっています。

 また、VISAもしくはPLUSマーク付きの海外ATMで現地通貨を引き出してご利用いただくこともできるようになっています。Flex機能付きGAICAの場合、チャージしていただくことができる4通貨であれば、新生銀行のご自分の外貨預金から直接引き出してご利用いただくことができます。それ以外の通貨や標準機能のGAICAの場合、ご入金いただいた日本円を外貨に換えて引き出していただくことができるようになっています。

 海外ATMのご利用限度額は、ご入金の範囲内において、1回15万円までで、1日30万円まで、1か月で30万円までとなっています。海外ATMご利用手数料は、日本円からの場合1回200円、Flex機能による外貨からの場合、通貨によって1回2アメリカドル、1.75ヨーロッパユーロ、1.50イギリスポンド、2.50オーストラリアドルとなっています。

 海外プリペイドカードGAICAのチャージ限度額は1回あたり100万円もしくは100万円相当額以内となります。

 海外プリペイドカードGAICAのお申込みはインターネット専用ページからしていただくことができます。お申込みからカードがお手元に届くまで、最短で4営業日となっていますが、ご旅行の予定が迫っている場合、できるだけ早くお申込みいただくことをおすすめいたします。新生銀行総合口座をお持ちの方で海外によくお出かけになる方や外貨預金に興味がある方、気軽に海外専用プリペイドカードを始めてみたい方におすすめです。

海外プリペイドカード GAICA