為替手数料で選ぶ海外専用プリペイドカード

 海外旅行や海外出張によくお出かけになる方の中には、海外でクレジットカードやデビットカードをお使いになることに不安があるという方もいらっしゃるでしょうし、そうはいっても多額のキャッシュを持ち歩くことも心配だという方もいらっしゃることでしょう。

海外旅行や海外出張先限定でご利用いただくことができる海外専用プリペイドカードなら、クレジットカードと同じように海外旅行先でのショッピングやお食事でのお支払いにご利用いただくことができますし、海外ATMを利用して現地通貨を引き出していただくこともできるようになっています。

 海外専用プリペイドカードは、前払い式のプリペイド方式になっていますので、使いすぎの心配や帰国後のお支払いの心配、利息の心配等もありません。しかも、海外専用プリペイドカードの場合、その多くが年会費や入会金無料でご利用いただくことができるようになっていますので、試しに持ってみたいという方でもお使いいただきやすくなっています。

しかし、海外専用プリペイドカードの為替手数料は、クレジットカードでのキャッシングやキャッシュでの両替と比べて比較的高めの4~5%となっていますので、為替手数料のみを見てしまいますとなかなかメリットが見いだせなくなってしまう場合もあります。

 そんなプリペイドカードの中でも為替手数料がお得なおすすめカードが、「マネパカード(Manepa Card)」になります。マネパカードの為替手数料は、FXレートに一定のコストを加えたレートで、その為替手数料は、日本円から外貨への交換でおよそ1%未満と言われています。普通の海外専用プリペイドカードと比べて非常に低く設定されていますし、クレジットカードやキャッシュでの両替と比べても非常に低いレートとなっています。

 マネパカードの場合も入会金や年会費は無料で、16歳以上70歳未満の日本在住の方で連絡可能なE-メールアドレスをお持ちの方ならどなたでもお申込みいただくことができるようになっています。MasterCardブランドのプリペイドカードになっていますので、海外・国内のMasterCard加盟店でクレジットカードと同じようにお使いいただくことができますが、エンボレスカード(凹凸のないカード)のため、ヨーロッパなどの古いショップのように手作業で決済をする店舗ではご利用いただくことができない場合がありますので、お気を付けいただきたいと思います。

 また、マネパカードの場合、マルチカレンシーカードになっていますので、アメリカドル、ヨーロッパユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドル、香港ドル、日本円の6通貨をチャージしてご利用いただくことができます。

 また、為替手数料は3.5%とマネパカードと比べると高めになってしまいますが、外貨でチャージをしておくことができて、マネパカードより年齢制限の低い満13歳以上からお持ちいただくことができる海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)もおすすめです。

 海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)の場合、外貨チャージをしていただく際に入金手数料として3.5%の手数料が加算されますが、外貨でチャージをしていただいた分をそのまま海外でご利用いただくことができますので、ご利用時の為替手数料がかからないしくみになっています。外貨でチャージしていただくことができる通貨は、アメリカドル、ヨーロッパユーロ、イギリスポンド、オーストラリアドルの4通貨になります。日本円をチャージしておかれることで、4通貨以外の外貨でもご利用いただくことができますが、その場合は、為替手数料として4.0%が加算されます。

 レートのよい時期に外貨でチャージをしていただくこともできますし、マネパカードに比べて年齢制限も低くなっていますし、新生総合口座パワーフレックスからそのままチャージしていただくことができるようになっていますので、新生銀行の口座をお持ちの方にもおすすめです。

 海外プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)も年会費無料でご利用いただくことができますし、海外のVISA加盟店でクレジットカードと同じようにショッピングやお食事でご利用いただくことができるようになっています。

 この他の海外専用プリペイドカードの為替手数料は4~5%のものが多くなっていますので、為替手数料で選びますと、マネパカードと海外専用プリペイドカードGAICAの2枚がよろしいかと思います。

海外専用プリペイドカード 比較表 (PDF)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る