ストレス無く使える!ドコモ口座のVISAプリペイドカード

以前からネットでクレジットカード番号を入力するのは怖いからプリペイドカードに切り替えたいなと、あちこちのプリペイドカードを使って試しています。

バーチャルプリペイドカードを使ってみたけど意外と不便だった

バーチャルプリペイドカードもいろいろ使ってみているんですが、結構使いにくいところがありますよね。有効期限はあるし、金額が半端に残っちゃって損した気分になってしまいます。

 

バーチャルプリペイドカード、ここが使いにくい

  • 有効期限がある(期限を忘れてすぎちゃったらと思うと落ち着かない)
  • 使いたい金額きっかりにカード作りたいのに、カードの金額が30,000円とか50,000とか決まっている。(そんなきっかりの支払いってめったにないでしょ。税金分、端数が出るでしょ)
  • 残ったお金の払い戻しもできない。(有効期限までほかに何か買わないとお金をドブに捨てることになるじゃないの。ネットで買える100円のものなんてほとんどないし)

「えーい、めんどくさい!もういいや!バーチャルプリペイドカード使うの辞めよう。」

なんて想うことも。

 

でも、もういいやーの原因を解決するバーチャルプリペイドカードを見つけました。“灯台下暗し”とはこのこと。“ドコモ口座のVISAプリペイド”です。ドコモの公式サイトに載っていないから全然知らなかった。いや、気がつかなかっただけなのかも?

ただし、ドコモのサービスなのでドコモユーザーしか使えないのです。あなたがドコモユーザーだったら超ラッキーですね。


ドコモ口座のVISAプリペイドとは

Visaマークのあるネットショップでお買い物をするときに、ドコモ口座から支払いができるバーチャルプリペイドカードのことです。プリペイド残高や有効期限の心配がなく入金もかんたんでストレスなく使えます。

※バーチャルカードなのでプラスチックカードは発行されません。ドコモ口座のサイト上にのみ表示されます。

ドコモ口座のVISAプリペイド利用条件

  • ドコモユーザーであること
  • ドコモ口座を所有していること(携帯からかんたんに開設できます)

 

ドコモ口座のVISAプリペイド、ここが便利

  1. ワンタイムカードなら必要な金額ぴったりに発行できる
  2. 有効期限を気にする必要はない
  3. レギュラーカードならば、そのつどカード番号を変えることができる
  4. VISA認証サービスが使える

1.ワンタイムカードなら必要な金額ぴったりに発行できる

ドコモ口座のVISAプリペイドは、

ワンタイムカードならば使いたい金額ぴったりに発行できます。

“29,900円の商品が欲しいのに、バーチャルプリペイドは30,000円きっかりじゃないと発行できないなんて。あまった100円どうすんの。”なんてことがないのが嬉しいですね。

2.だから、有効期限を気にする必要はない

もちろん、ドコモ口座のVISAプリペイドにも有効期限はあります。しかし、必要な金額分だけプリペイドが発行できるわけですから、一度の買い物でカードを使いきることができます。

3.レギュラーカードならば、そのつどカード番号を変えることができる。

レギュラーカードならば、そのつどカード番号を変えることができます。なので、カード番号を誰かが入手し悪用しようとしても大丈夫です。

4.ダブルで安全・安心 VISA認証サービスが使える

使い捨ての番号やカード番号の変更でネットショッピングはもう安心!のVISAプリペイドですが、あわせてVISA認証サービスが使えます。

VISA認証サービスとは?
クレジットカード番号を入力した後にパスワードを入力する画面に 飛びパスワードを入力して本人確認を行うシステムです。カード会社がパスワードが合っているのを確認してから支払いが行われます。

カードの種類

プランは2種類。

  • 使い捨てのワンタイムカードが発行できる“ワンタイムプラン”
  • ワンタイムカード発行と3年間有効のレギュラーカードがセットになった“定額パックプラン”があります。

料金は?

  • ワンタイムプラン・・・そのつど100円(今なら月1回まで無料)
  • 定額パックプラン・・・月額200円

月に2,3回使うなら“ワンタイムプラン”、それ以上なら“定額パックプラン”がお得です。


利用限度額は?

ドコモ口座の残高分利用できますので、ドコモ口座の入金限度額50万円が限度額となります。

 

使い方

  1. コンビニやインターネットバンキングからドコモ口座へ入金
  2. ドコモ口座サイトでバーチャルプリペイドカードを発行
  3. ネットでVISAバーチャルプリペイドカードをクレジットカードと同じように利用

料金は、カード発行の時ではなくカードを利用したときにドコモ口座から引き落とされます。

※利用した時に口座から引き落としって、デビッドカードじゃないの?ドコモ口座は銀行口座ではないからプリペイドなのかな?と疑問に思ったのですが、便利だからどっちでもいいですね。


ところで、ドコモ口座とは?

ドコモのケータイでカンタンにお金を送ったり受け取ったり、ネットショッピングお支払いができるサービスです。ケータイからすぐに口座を開設して利用することができます。入金はペイジーかコンビニ。コンビニからなら手数料無料でできます。

ドコモ口座開設の方法

  • スマホでドコモ口座のサイトにアクセス(ドコモdメニューからのリンクはないので、アドレスバーに“ドコモ口座”と入力して探してください)
  • 「口座を開設する」のボタンを押す
  • ネットワーク暗証番号を入力
  • 必要事項(3つほどプルダウンで選択するだけ)を記入して利用規約の同意ボタンを押す

これだけ。1分もかかりません。拍子抜けするくらいかんたんです。

 

VISAプリペイド発行以外にもいろいろ便利なドコモ口座

せっかく作るドコモ口座ですから、Visaプリペイド以外にもいろいろ使えます。たとえば、

  1. ドコモ口座払いができる
  2. ドコモユーザーへお金を手数料で送金できる
  3. 銀行口座へ払い出しができる
  4. 携帯料金の支払いに使える
  5. 話題のふるさと納税もらくらく

などなど。まだ使ってみてはいないのですが、とっても便利で楽しそうです。


1.ドコモ口座払いができる

ネットショッピングで、そのサイトが“ドコモ口座払い”に対応していれば、VISAプリペイドを作らなくても支払いができます。ドコモ口座払いに対応しているサイトではドコモ口座払いを使い、対応していないサイトはVISAプリペイドを使う、ということができます。

2.ドコモユーザーへお金を手数料で送金できる

ドコモユーザーへの送金が無料で出来ます。しかも、電話番号だけで出来ます(2in1のBアドレスとマイメニューのリモートメールではできません)。

誰かからお金を借りているのって、たとえ100円でも落ち着きませんよね。お金貸してもらっているお友達がドコモユーザーであればすぐに借りたお金が返せます。

3.銀行口座へ払い出しができる

ドコモ口座のお金を日本全国の都市・地方銀行、ゆうちょ銀行の銀行口座へ簡単にうつせます。払い出し手数料は、

  • みずほ銀行 100円(税抜)
  • みずほ銀行以外 200円(税抜)

です。

4.携帯料金の支払いに使える

管理画面から携帯料金支払い手続きをすれば、翌月の支払い料金に充当されます。一部だけドコモ口座からの支払いも可能です。1円単位で支払いできるのも嬉です。

5.話題のふるさと納税もらくらく。

ふるさと納税というけれど、税金ではなく寄付金です。じぶんのふるさとだけじゃなく、東北の復興を支援するためなど、応援したい誰かのふるさとへだって寄付できます。

更に納税したふるさとからいろいろな特産物が届きます。肉とか魚とかいろいろと。

ふるさと納税は、2,000円を超える部分は税金から差し引かれます。つまり1万円払っても8千円は税金から引かれるのだから実質の出費は2,000円!翌年からは全額差し引かれるので実質0円です(収入による制限あり)

でも、手続きが面倒くさそうですね。ドコモ口座ならスマホから簡単にできるようです。

今現在ドコモ口座からふるさと納税出来るのは佐賀県だけですが、これから徐々に増えていくことに期待です。

ドコモ口座 Visaプリペイド


私、ドコモユーザーじゃないんですけど、代わりになるものはありますか?と いう方へ

auユーザーには、プリペイド式電子マネー“au WALLET”があります。こちらはバーチャルカードではないので実店舗でも使えます。docomoとau以外の携帯会社については、これから調べてみますね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ページ上部へ戻る